理工系研究者のための Mac OS X, Windows, Linux メモ
 
ホーム >> Windows関連 >> Tips
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows Tips

  1. ISOディスクイメージをマウントするには
  2. hostsファイルについて
  3. ウィンドウを縮小するショートカットは
  4. ZIP圧縮ファイルにパスワードをかけるには
  5. フォントの埋め込まれていないPDFファイルにフォントを埋め込むには
  6. EPSファイルをEMFファイルに変換するには
  7. ウェブサイトを印刷する時に端が切れないようにするには

ISOディスクイメージをマウントするには

作成日:2015.5.27

Virtual CloneDriveが便利。 これをインストールして起動すると「仮想ドライブ数」をしているところがあるので、マウントしたいISOイメージ数だけ指定します。 そしてOKボタンを押せば、コンピュータのところに仮想ドライブが表示されます。

次に、マウントしたいISOイメージをダブルクリックすると仮想ドライブにマウントされます。

hostsファイルについて

作成日:2010.5.27

Windows XP/Vista/7 のhostsファイルは

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts
に存在する。 このファイルを適当なエディタで開く。 「アクセスが拒否されました」などのエラーが出るときには管理者でログインするか,スタートボタン>アクセサリー>メモ帳とたどって,このメモ帳を右クリックし,「管理者として実行」を選ぶ。

hostsファイルには,

#IPアドレス ホスト名 エイリアス名
192.168.1.100 hoge.sample.com hoge
のように書き並べる。

ウィンドウを縮小するショートカットは

作成日:2007.1.4
Control+z

ZIP圧縮ファイルにパスワードをかけるには

作成日:2007.1.4

圧縮したいファイルを準備する。 ファイルが複数個ある場合はフォルダにまとめる。 ファイル又はフォルダを右クリックし、「送る」→「圧縮(Zip形式)フォルダ」を選択すると、圧縮ファイルが作成される。

作成された圧縮ファイルをダブルクリックして開く。 開いたウインドウのメニューから「ファイル」→「パスワードの追加」を選択し、パスワードを入力する。

フォントの埋め込まれていないPDFファイルにフォントを埋め込むには

作成日:2007.1.4

LaTeXで作った書類をdvipdfmxでPDFファイルに変換した場合、特に指定しなければ日本語フォントは、

GothicBBB-Medium
Ryumin-Light
になっている。これらはPostscriptフォントで、普通はこのフォントはPSプリンタ内にインストールされており、表示用には使えない。Acrobatでファイルを開くと、代替フォントで表示される。

Acrobatから印刷を選び、プリンタはGeneric PostScript Printer にし、ファイルに出力する。出力されたPSファイルをAcrobat DistillerでPDFに変換する。このとき Distillerの設定で「常に埋め込むフォント」に埋め込みたいフォントを指定しておく。

作成したPDFファイルをAcrobatで開き、文章のプロパティで埋め込まれていることを確認する。

EPSファイルをEMFファイルに変換するには

作成日:2007.1.4

Windows版のpstoeditをpstoeditのウェブサイトから取得する。

取得したpstoedit.exeにパスを通し、DOS又はCygwinのターミナルなどから次のコマンドを実行することでEMFファイルを作成できる。ただし日本語は通らないので注意。

$ pstoedit -f emf sample.eps sample.emf

ウェブサイトを印刷する時に端が切れないようにするには

原稿サイズをA3など大きくして端が切れないようにする。印刷時の出力用紙サイズをA4にし、縮小印刷する。