理工系研究者のための Mac OS X, Windows, Linux メモ
 
ホーム >> UNIX >> R >> seq関数で等差数列を作る
このエントリーをはてなブックマークに追加

seq関数で等差数列を作る

作成日:2014.5.18
環境:R 3.0.3

初項a、公差d、長さlの数列からなるベクトルを作成する。

seq(from=a, by=d, length=l)

初項a、公差d、最大値cを超えない数列からなるベクトルを作成する。

seq(from=a, to=c, by=d)

初項a、第n項がbとなる数列からなるベクトルを作成する。

seq(from=a, to=b, length=n)

あるベクトルvと同じ長さで、初項が1, 公差が1の数列からなるベクトルを作成する。

seq(along=v)
alongはalong.withでも同じ。 このコマンドで作成されるベクトルは次のコマンドで作成することもできる。
1:length(v)