理工系研究者のための Mac OS X, Windows, Linux メモ
 
ホーム >> UNIX >> R >> 空白区切りデータを読み込むには
このエントリーをはてなブックマークに追加

R:空白区切りデータを読み込むには

作成日:2014.4.1
  1. スペース区切りデータの読み込み
  2. ヘッダ行を読み込む
  3. コメントアウト

スペース区切りデータの読み込み

スペースで区切られた次のようなデータ(ファイル名sample.dat)を準備する。

0.1   1.2   2.1   3.5
0.2   2.1   5.4   2.7
0.4   2.5   3.4   1.0
これをデータフレーム mydata に読み込む。
mydata <- read.table("sample.dat")
print(mydata)
データは,データフレームとして読み込まれる。
   V1  V2  V3  V4
1 0.1 1.2 2.1 3.5
2 0.2 2.1 5.4 2.7
3 0.4 2.5 3.4 1.0

ヘッダ行を読み込む

一行目に列名を表す行がある場合には,headerオプションをTRUEにする。

Time  X     Y     Z
0.1   1.2   2.1   3.5
0.2   2.1   5.4   2.7
0.4   2.5   3.4   1.0
mydata <- read.table("sample.dat",header=TRUE)
print(mydata)
  Time   X   Y   Z
1  0.1 1.2 2.1 3.5
2  0.2 2.1 5.4 2.7
3  0.4 2.5 3.4 1.0

コメントアウト

行頭に「#」があればコメント行と見なして無視される。

# このデータは実験データです。
Time  X     Y     Z
0.1   1.2   2.1   3.5
#0.2   2.1   5.4   2.7
0.4   2.5   3.4   1.0
mydata <- read.table("sample.dat",header=TRUE)
print(mydata)
  Time   X   Y   Z
1  0.1 1.2 2.1 3.5
2  0.4 2.5 3.4 1.0