理工系研究者のための Mac OS X, Windows, Linux メモ
 
ホーム >> UNIX >> R >> パラメータ lty
このエントリーをはてなブックマークに追加

パラメータ lty

作成日:2014.8.24

グラフやグリッドライン等の線の種類を変更するにはパラメータltyを使う。 plot関数やaxis関数で利用できる。 ltyに与えられる値は0から6までの7種類。数値で与える以外に"dashed"のように線の名前を与えることもできる。 数値で与える場合,7以上の値を与えたときには,同じ線の種類が繰り返し用いられる。 例えばlty=7lty=1は同じになる。

パラメータの値と線の種類は次の図の通り。

上記の図を作成するために用いたRスクリプトは次の通り。

y0 <- function(x){return(0.9+0*x)}
y1 <- function(x){return(0.8+0*x)}
y2 <- function(x){return(0.7+0*x)}
y3 <- function(x){return(0.6+0*x)}
y4 <- function(x){return(0.5+0*x)}
y5 <- function(x){return(0.4+0*x)}
y6 <- function(x){return(0.3+0*x)}

plot(y0,0,1,xlim=c(0,1),ylim=c(0.2,1),xaxt="n",yaxt="n",xlab="",ylab="",lty=0)
par(new=TRUE)
plot(y1,0,1,xlim=c(0,1),ylim=c(0.2,1),xaxt="n",yaxt="n",xlab="",ylab="",lty=1)
par(new=TRUE)
plot(y2,0,1,xlim=c(0,1),ylim=c(0.2,1),xaxt="n",yaxt="n",xlab="",ylab="",lty=2)
par(new=TRUE)
plot(y3,0,1,xlim=c(0,1),ylim=c(0.2,1),xaxt="n",yaxt="n",xlab="",ylab="",lty=3)
par(new=TRUE)
plot(y4,0,1,xlim=c(0,1),ylim=c(0.2,1),xaxt="n",yaxt="n",xlab="",ylab="",lty=4)
par(new=TRUE)
plot(y5,0,1,xlim=c(0,1),ylim=c(0.2,1),xaxt="n",yaxt="n",xlab="",ylab="",lty=5)
par(new=TRUE)
plot(y6,0,1,xlim=c(0,1),ylim=c(0.2,1),xaxt="n",yaxt="n",xlab="",ylab="",lty=6)

text(0,0.93,"lty=0 or \"blank\" (invisible)",cex=0.7,pos=4)
text(0,0.83,"lty=1 or \"solid\"",cex=0.7,pos=4)
text(0,0.73,"lty=2 or \"dashed\"",cex=0.7,pos=4)
text(0,0.63,"lty=3 or \"dotted\"",cex=0.7,pos=4)
text(0,0.53,"lty=4 or \"dotdash\"",cex=0.7,pos=4)
text(0,0.43,"lty=5 or \"longdash\"",cex=0.7,pos=4)
text(0,0.33,"lty=6 or \"twodash\"",cex=0.7,pos=4)

▼参考サイト or 参考文献