理工系研究者のための Mac OS X, Windows, Linux メモ
 
ホーム >> UNIX >> R >> PNGフォーマットでグラフを書き出すには
このエントリーをはてなブックマークに追加

R:plot():PNGフォーマットでグラフを書き出すには

作成日:2014.3.28

PNGフォーマットで画像を書き出すには,デバイスをPNGに変更した後,plotなどの描画コマンドでグラフを描く。 そして最後にdev.off()でデバイスを閉じる。

画像ファイル名をsin-graph.png,横幅500pxおよび縦400pxでPNGファイルを出力するには,次のようにする。

png(filename="sin-graph.png", width=500, height=400)
plot(sin,xlim=c(0,2*pi))
dev.off()

作成される画像を確認するために,ディスプレイに表示させてかつPNGファイルに出力するには次のようにfunctionを用いると良い。

drawGraph()<-function(){
  plot(sin,xlim=c(0,2*pi))
}

drawGraph()
png(filename="sin-graph.png", width=500, height=400)
drawGraph()
dev.off()