理工系研究者のための Mac OS X, Windows, Linux メモ
 
ホーム >> UNIX >> R >> 変数の型を調べるには
このエントリーをはてなブックマークに追加

R: 変数の型を調べるには

作成日:2015.5.1
環境:R version 3.0.3
  1. character(文字型)
  2. numeric(数値型)
  3. matrix(行列型)
  4. array(配列型)
  5. list型
  6. dataframe(データフレーム型)
  7. integer(整数型)
  8. complex(複素数型)

Rにおける変数の型はclass関数で調べることができます。

character(文字型)

文字列および文字列のベクトルはcharacter型です。

> class("hoge")
[1] "character"
> class(c("hoge","fuga"))
[1] "character"

numeric(数値型)

整数,実数およびそれらのベクトルはnumeric型です。

> class(1)
[1] "numeric"
> class(1,23)
[1] "numeric"
> class(c(1,2,3))
[1] "numeric"

matrix(行列型)

行列および2次元配列はmatrix型です。

> class(matrix(c(1,2,3,4),nrow=2,ncol=2))
[1] "matrix"
> class(array(1:9,dim=c(3,3)))
[1] "matrix"

array(配列型)

3次元以上の配列はarray型です。

> class(array(1:27, dim=c(3,3,3)))
[1] "array"

list型

リストはlist型です。

> class(list("Tanaka", 19, "1-1 Chiyoda, Chiyoda-ku,Tokyo"))
[1] "list"

dataframe(データフレーム型)

データフレームはdataframe型です。

> class(data.frame(name=c("Tanaka","Yamada"),age=c(18,22),
  address=c("Chiyoda-ku","Meguro-ku")))
[1] "data.frame"

logical(論理型)

TRUEまたはFALSE,それらのベクトルおよび欠損値(NA)はlogical型です。

> class(TRUE)
[1] "logical"
> class(FALSE)
[1] "logical"
> class(c(TRUE,FALSE,FALSE))
[1] "logical"
> class(NA)
[1] "logical"
ただし,欠損値(NA)は他の型に混ぜて使うことが可能でnumericなNAも存在します。
> a <- c(1,2,NA,4)
> class(a)
[1] "numeric"
> a
[1]  1  2 NA  4
>class(a[3])
[1] "numeric"

integer(整数型)

numericですべて代用できますが,integer型も準備されています。

> class(as.integer(123))
[1] "integer"

complex(複素数型)

複素数はcomplex型です。

> class(1+2i)
[1] "complex"