理工系研究者のための Mac OS X, Windows, Linux メモ
 
ホーム >> UNIX >> R >> グリッドラインを入れるには
このエントリーをはてなブックマークに追加

グリッドラインを入れるには

作成日:2014.8.24
  1. axis関数でグリッドラインを入れる
  2. plot関数でグリッドラインを入れるには

axis関数でグリッドラインを入れる

plot関数では軸を作成しないように設定して,axis関数を用いて軸とグリッドラインを作成する。 axis関数の引数のうち,グリッドラインの長さを指定するパラメータはtck。 この値をtck=1.0にすると描画領域全体に線が描かれてグリッドラインになる。

線の種類を決めるパラメータは lty=0〜6,線の幅はlwdで与える。

plot(cos,xlim=c(0,2*pi),xaxt="n",yaxt="n")
axis(side=1,tck=1.0,lty="dotted")
axis(side=2,tck=1.0,lty="dotted",lwd=2)

plot関数でグリッドラインを入れるには

plot関数でグリッドラインを入れる場合にもパラメータtckに数値を入れれば良い。 目盛りの向きと長さを変更するには を参照のこと。