理工系研究者のための Mac OS X, Windows, Linux メモ
 
ホーム >> UNIX >> R
このエントリーをはてなブックマークに追加

R Tips

更新日:2015.5.5
作成日:2014.3.10
  1. 基本
    1. 変数の型を調べるには[class()関数]
  2. データ集合
    1. データフレームを操作する
    2. seq関数で等差数列を作る
  3. ggplot2
    1. 散布図を作成するには(geom_point)
    2. 折線図を作成するには(geom_line)
    3. グラフを保存するには(ggsave)
    4. 軸の範囲を指定するには(xlim, ylim)
    5. 軸の目盛り位置を指定するには(scale_x_continuous)
    6. 複数のグラフを色分けしてプロットするには(scale_color_manual)
  4. グラフ
    1. 軸目盛りの数値のフォーマットを変更するには[axis, pretty, sprintf]
  5. plot関数
    1. 関数のグラフを描くには
    2. XY座標データからグラフを描くには
    3. ラインやマークに色をつけるには[col]
    4. グラフの右側にも軸を加えるには(2軸プロット)
    5. 目盛りの向きと長さを変更するには[tcl, tck]
    6. 縦軸のラベルを垂直にするには[mtext]
    7. シンボルサイズを変更するには[cex]
  6. symbols関数
    1. 軸を消すには[xaxt, yaxt]
  7. axis関数
    1. 軸の数値のフォントサイズを大きくするには
    2. グリッドラインを入れるには
  8. クラス
    1. クラス(R6クラス)について
    2. クラス(R5クラス)について
    3. クラスの継承と多態性
  9. グラフの出力
    1. グラフの解像度について
    2. PNGフォーマットでグラフを書き出すには
  10. ファイルの入出力
    1. 空白区切りデータを読み込むには
  11. プログラミング
    1. R言語の例外処理
  12. ESS(Emacs Speaks Statistics)
    1. よく使うコマンド
  13. パラメータ辞典
    1. lty:線の種類
  14. その他
    1. 実行時間を遅らせる[sleep]